事前のバックアップが不可欠?正規店でスマホ修理を行う際の注意点を学ぼう!


正規店がデータを初期化する理由

スマホ修理を正規店に依頼する場合、記録されているデータを初期化されることに注意しなければいけません。重要なデータは必ず事前にバックアップを取っておく必要がありますが、非正規店ではデータの初期化を行うケースはほとんどありません。正規店がデータを初期化するのはスマホメーカーの修理マニュアルがそのような内容になっているためです。正規店では破損した部品はもちろん、それ以外の部品の動作チェックも行います。どこに不具合が生じているかは見た目では分からないのが理由であり、万全を期してすべての機能が正常に作動するかをチェックしているのです。データの初期化も機能チェックの一環であり、データの消去と初期化が正常に実行できるかを確認する目的で行っています。

そのため、正規店でのスマホ修理ではデータ初期化が当たり前であることを認識しなければいけません。

正規店は作業が多いので時間とお金がかかりやすい

正規店でのスマホ修理はわずかな不具合も残さないように徹底して検査を行います。新品同様の状態で修理されるのは大きなメリットと言えますが、その分時間とお金がかかってしまう事実も無視できません。軽微な破損であってもすべての機能チェックを行うため、数週間以上の日数を要するのは当たり前と言えます。また、修理費用も非正規店と比較すると数割ほど高くなるのが普通であり、二倍以上の高額になるケースも珍しくありません。これはスマホメーカーの純正品を使っている他、機能チェックの手数料が加算されているのが大きな理由です。

電源を押しても本体が正しく起動しない、変なメッセンジャーが表示される等、困った出来事に見舞われたらスマホ修理の京橋店にメンテナンス依頼が可能です。