どっちも同じように感じるけど?スマホ修理の正規店と非正規店の違いと選び方


正規店ならではの特徴と注意点

消耗品である携帯電話は、長年の使用に伴ってタッチパネルやボタンの不具合が起こることもあります。また、うっかり落として液晶画面を割ってしまった時にそのまま使い続けると液漏れを起こして状況が悪化してしまうので注意が必要です。こうしたトラブルは修理に出すことで解決することができますが、携帯の修理は正規店と非正規店のどちらに依頼するかで変わってきます。正規店は文字通り製造メーカーから認可されている業者のことです。正規品のパーツの身を使用して修理を行うので、安心して任せられるというメリットがあります。その反面、メーカーのルールを順守しなくてはいけないので、データの保存などの対応を受けてもらうことはできません。

非正規店だからこその柔軟な対応と費用の安さ

スマホの修理は前述した正規店だけでなく、非正規店と呼ばれる所でも請け負ってもらうことができます。非正規店ならではの特徴として挙げられるのが対応力の広さです。メーカーが定めたルールを守らなくてはいけない正規店と違って、非正規店は独自の方法で修理を行うことができます。そのため、通常であれば不可能な大事なデータを消去したくないという希望を聞いてもらうことも可能です。使用するパーツも純正品にこだわらないので、修理に掛かる費用も安く抑えられるという強みがあります。ただし、非正規店は稀に修理後に別のトラブルが発生するケースもあるので注意が必要です。スマホ修理の依頼は、安心感と対応力のどちらを重視するかで決めることがポイントになります。

スマホ修理の三宮での実績なら、口コミ評価、立地が便利か?なども参考に比較検討してみることが大切です。