一人ひとりの社員の立場に合った研修の機会をセッティングしよう!


新入社員研修はビジネスマナーの習得をテーマにしよう

社員研修は、個々の社員が社会人として成長をしたり、毎日の業務に必要な専門知識や技術を身につけたりするうえで大事なイベントとして位置づけられています。特に、新入社員を対象とした研修を企画するにあたっては、社内の規則を覚えさせるだけでなく、名刺交換や電話対応、あいさつなどの基本的なビジネスマナーを習得できるようカリキュラムを組むことが大切です。また、優れた研修効果を期待するうえで、社内で講師役の社員を選定するだけでなく、外部の社員教育の経験が豊富な講師を招へいするのも良いでしょう。なお、新入社員が意欲的に研修に取り組めるよう、グループワークやディスカッションといった、社員同士でコミュニケーションが取れる研修の方法を取り入れるのもおすすめです。

人材活用のために中途社員に対する研修に力を入れよう

社内で将来を見据えて積極的に人材活用をするには、新入社員や若手社員ばかりでなく、中途社員に対する研修に力を注ぐことも重要となります。また、様々な経歴を持つ中途社員の能力や経験を生かせるようにするため、なるべく個別の研修のプログラムを用意したり、研修の前後に配属先の上司や先輩社員に対してヒアリングを行ったりすることも有効です。中途社員に適した研修を実施するにあたり、なるべく日々の業務と関連があるテーマを採用したり、集合研修だけでなくオンライン研修も導入したりするのもおすすめです。その他、中途社員が社内の環境に馴染めるように、研修後に職場内で継続してフォローアップを丁寧に行うことも大切です。

企業が社員教育をするのは、仕事のベースとなる必要な知識を正しく身につけ、即戦力として活躍してもらうためです。