お家の電球、LEDにしないなんてもったいない!


今さら聞けない!LEDとは?!

白熱電球に変わって主流になりつつあるLED電球ですが、一体何なのか?その実体を知らない人も多いのではないでしょうか。LEDとは、発光ダイオード Light Emitting Diodeの頭文字をとった名称で、半導体製品です。簡単に言うと、プラス電子とマイナス電子をぶつけ、結合した際の余分なエネルギーが光として放出されるのが、LEDが光る仕組です。

LEDのいいところ!その1、省エネ

驚くことに、LEDの消費電力は白熱電球の約20パーセント程であるそうです。電気代が安くなること間違いなし!うれしい限りです。また今と昔のLEDではその性能は格段に進歩していて、少ない電力でさらに明るく!これからも進化していくことが期待されています。

LEDのいいところ!その2、寿命が長い

電球の交換作業はなかなか面倒です。実家の廊下の電気が切れると、長い間暗いままだったなんて経験がある方もいるのではないでしょうか。LEDの良いところに長寿命という点があります。10年も長持ちする!とのうたい文句もあるようで、白熱電球とは比べ物にならない程、長く使うことができます。つまり、面倒な電球交換の作業がぐっと減るわけです。これは、とても魅力的だとは思いませんか?

お家の照明、LEDに変えちゃおう!

省エネで長寿命のLEDですが、最近では価格も下がりお財布にも優しいようです。なんと、100円ショップで200円や300円の高価格帯での取り扱いまであるようで、手軽に購入することができます。蛍光灯をLED化する場合は工事が必要ですが、電球であれば口径を確認し、白熱電球をLED電球に付け替えるだけです。とても簡単!LEDライフ、おすすめです。

ledライトパネルとも呼ばれることのあるledパネルは、デザイン面を輝度の高い白色のledチップを配した光源でライトアップするパネルのことです。