マーケティングオートメーションの必要性を検討する際に重視したい点は?


事業活動に直接役立つ機能を選択しよう

マーケティングオートメーションは、顧客層のターゲットを絞って効果的にマーケティングを展開するうえで欠かせない仕組みの一つとして、多様な業種の企業間で浸透しています。特に、マーケティングオートメーションを推進する目的でシステム開発を行う際は、営業部や広報部などの席に印写にヒアリングを行ったり、固定客にアンケートの協力を求めたりして、事業活動に直接役立つ機能を選択することが重要です。また、マーケティングオートメーションの費用対効果については、各企業の事業規模や業種、顧客数などによって大きな差が出ることがあります。そうした中、理想的な形でマーケティングオートメーションのシステムを導入するために、様々な分野のエンジニアが揃っているIT関連企業を外注先の候補に決めることがおすすめです。

パソコン操作が苦手な社員の教育方法も確認しておこう

マーケティングオートメーションの専用のソフトを社内のパソコンにダウンロードするにあたっては、パソコン操作が苦手な社員の教育の仕方についても考慮することが大切です。たとえば、将来にわたり社内のシステム化を積極的に進めたい場合には、マーケティングオートメーションに関する専門的な研修を早い段階で関係部門の社員を対象に行ったり、操作マニュアルを配布したりすることがおすすめです。また、資金に余裕がある場合には、時間やコストが掛かりますが、熟練の技術者が揃っているIT企業に相談をして、パソコンのスキルによらずマーケティングオートメーションの全機能を使いこなせるソフトをオーダーメイドで開発してもらうという方法もあります。

マーケティングオートメーションは、社員の業務負担を大幅に削減し、企業の生産性を高める効果があります。どのような機能を備えたツールが自社に必要なのかが、選定する重要なポイントになります。