水没してしまった!スマートフォンが水没してしまったときの復旧作業


水没したら応急処置を行う

スマートフォンを水没させてしまうと、慌ててしまう人もいるかもしれませんが、被害を拡大させないために冷静な行動が必要です。例えばスマートフォンの電源を入れてしまうと、重要な基板がショートしてしまうため、避けておくのが賢明な判断と言えます。
水没したときには、応急処置を行っておくことで、最悪の事態を免れる可能性が高まります。具体的な処置として、SIMカードや電池パック、SDカードといったものを抜き取る方法があります。素早くSIMカードやSDカードを抜き取ることで、データの消滅を回避できる可能性があるでしょう。電池パックは取り出して水分を拭き取っておくのがオススメです。そうすることで電池パックが再利用できる可能性も考えられます。他にもスマートフォンの本体やヘッドホンの差し込み口に付着した水分を拭き取っておくのも重要です。

乾燥させるのも重要なポイント

拭き取るだけでは十分に水分を取ることが難しいケースも考えられます。そのような場合は、乾燥剤を使用するのがオススメです。スマートフォンのティッシュで包んで、乾燥剤と一緒にジップロックに入れておくことで、内部に侵入してしまった水分も蒸発させます。乾燥剤が手元にない場合には、生米を使うのが良いでしょう。生米には水分を吸収する能力があるため、スマートフォンに付着した水分を吸い取ってくれます。
乾燥剤も生米もない場合は、天日干しで乾かす方法が適しています。しかし、天日干しはスマートフォンを熱しすぎるケースもあるため、定期的に状態を確認するという作業が必要になります。

画面割れは、スマホ修理の中でも起こりやすいトラブルですが、修理専用ショップに持ち込む事で1万円台や2万円台で対応してもらう事が出来ます。