iPhone修理時にデータを消したくない場合には?


iPhone修理時にデータが消されてしまう

iPhoneのバッテリーが劣化してきてしまったというケースや、画面が割れてしまったなどというケースにおいてiPhone修理に出すことは多いでしょう。

iPhoneのオフィシャルの修理に出したことのある人なら知っているという方も多いですが、オフィシャルの修理に出すとiPhoneの本体に保存されていたデータなどは全て消去されてしまいます。場合によってはデータの初期化をしていないと修理を受け付けてもらえなかったり、費用が追加になってしまうなどもあります。

なぜデータの消去が必要になるのかというと、個人情報保護の観点からです。また、精密機械なのでちょっとしたはずみでデータが消えてしまうことも多いので、保障出来ないという事からこのような処置になるのです。

修理に出す前にバックアップを

修理に出す前にはバックアップを取るようにしましょう。消去されてしまってもバックアップさえあれば戻ってきた時に以前の状態に戻すことが可能ですし、個人情報の観点からも安心と言えるでしょう。

データを残したまま修理するなら

データを残したまま修理をしたい、バックアップを取ることが出来ないという場合には町中にあるiPhoneの修理を行っているお店に持ち込むという方法があります。非正規になりますが、街中のiPhone修理ショップの多くはデータを残したまま修理できることを売りにしています。もちろん、この場合もデータが消えてしまう危険性はゼロではないので出来る限り大事なデータはバックアップするようにしましょう。

iphoneの修理は店舗持ち込みで数十分で行う事が出来る他、自宅にいながら郵送でも行える時代となっています。